点描
2023/09/14
韓国の詩人、尹東柱を描く
青年劇場の舞台「星をかすめる風」
17日まで東京で
98-s-1.jpg
▲クリックで拡大
 戦時中、治安維持法違反容疑で逮捕され、獄死した韓国の国民的詩人、尹東柱(ユン・ドンジュ)(1917~45年)に光を当てた「青年劇場」の舞台「星をかすめる風」が東京のJR新宿駅新南口そばの「紀伊国屋サザンシアターTAKASHIMAYA」(渋谷区千駄ヶ谷)で再演されている=写真・村井夕さん撮影。
 旧満州(現中国東北部)の朝鮮族自治州で生まれた尹東柱は、ソウルの専門学校を経て24歳のときに日本に留学。京都の同志社大に在籍中、朝鮮語で創作した詩が「民族運動の扇動だ」と疑われ、特別高等警察(特高)に目を付けられたという。
 福岡刑務所に収監された尹が獄死したのは逮捕から2年後の1945年2月16日。死因は謎のまま27歳の生涯を閉じた。特高の押収を免れた2冊の詩作ノートに残された詩は、清らかで叙情性にあふれ、それらをもとに家族や友人らが編んだ詩集「空と風と星と詩」は韓国の人々の心をとらえた。英語や日本語などにも翻訳されている。
 今回の舞台は、韓国の作家、イ・ジョンミョンさんの同名の小説が原作で、尹の刑務所での日々を題材にした物語。劇団「温泉ドラゴン」代表のシライケイタさんが脚本と演出を手がけ、2020年に初演された。植民地支配下での抑圧を描くとともに、尹の感性とその詩作に引かれた刑務所の看守が地下の取調室を図書室にして囚人たちが本を読めるように努めるなど、文学や芸術の力に視点を置いている。
 9月17日まで。16、17日は上演後、イ・ジョンミョンさんの舞台あいさつがある予定。青年劇場(03-3352-7200)。
2023/09/03
関東大震災 虐殺の犠牲者を悼む
97-s-1.jpg
 関東大震災から100年を迎えた9月1日、「朝鮮人犠牲者追悼式典」が東京都墨田区の都立横網町公園で開かれた。公園内に建立される慰霊碑の前で韓国伝統舞踊家の金順子(キム・スンジャ)さん=写真=が鎮魂の舞を踊り、参列した人々が黙とうをささげた。
 震災当時、「朝鮮人が井戸に毒を入れた」などのデマが関東一円に広がり、多くの朝鮮人が命を奪われ、中国人も犠牲になった。式典は日朝協会都連合会などによる実行委員会が1974年から実施。都知事も追悼文を寄せていたが、小池百合子知事は、都慰霊堂での大法要で「大震災、大戦で犠牲となられたすべての方々への哀悼の意を表している」との理由で2017年以後、追悼文を送付していない。実行委員長の宮川泰彦さんは「教訓を学び取り、語り継ぐことは今を生きる我々の責務だ」と力を込めた。
 2日は、東京の荒川河川敷で追悼式があった。昨年までは一般社団法人「ほうせんか」などが開催してきたが、今年は20~40代の日本人や在日コリアンらでつくる「百年(ペンニョン)」が初めて主催。メンバーたちが体験記録などから集めた虐殺の目撃証言を交代で朗読した。
管理  
- Topics Board -