/ 

2021/10/21
自主・自律を貫き、公正・公平な選挙報道を
 日本ジャーナリスト会議と放送を語る会による「NHKとメディアの今を考える会」は、今回の総選挙に当たって、自主、自立を求める要請をまとめ、各社に申し入れました。


報道各社 御中  2021年10月16日
                       NHKとメディアの今を考える会

 2021年衆議院選挙に際し、自主・自律を貫き、公正・公平な選挙報道を求めます

2021年9月の自民党総裁選の各メディアの報道、特にテレビのニュースやワイドショー番組は自民党総裁選の話題が大半を占め、「お祭り騒ぎ」「メディアジャック」との批判を招いています。
新型コロナウイルス対策・政府与党の臨時国会の召集拒否・アフガニスタン問題などの重要なニュースを押しのけ、自民党党員投票選挙人110万人が関係するだけで一般有権者は一切関わる余地のない自民党総裁選という一政党内の話題ばかりを頻繁に長時間放送し、自民党総裁選の4候補のみにテレビの画面を独占させました。また、番組内容も、4候補者の主張をそのまま垂れ流し、有権者が最も知りたい肝心の事は質問していません。このため、自民党だけがクローズアップされた事になり、次期衆議院議員選挙の“事前運動”になりかねない事態になりました。

 以上の経過を踏まえ、衆議院選挙報道において以下の事を要望します。

 1)政党、政治家の動きばかりの政局報道に偏らず、各政党の政策・主張を丁寧に伝え、選挙の争点を明らかにして、有権者の判断に資する、政策中心の報道を充実させること。
 その際、単に政党の主張を伝えるだけでなく、市民の視線に立った暮らしと命を守るためのコロナ対策・貧困と格差の是正・消費税減税・沖縄の辺野古新基地建設・学術会議会員任命拒否・脱原発・気候危機・ジェンダー平等・改憲といった諸問題について、有権者の理解を助ける解説番組、記事を充実させること。

 2)政党の政策・主張を紹介するにあたっては、現在の議席数の多少にしたがって放送や記事の量を配分するのではなく、少なくとも選挙期間中は、各政治勢力に公平に主張の機会を与えること。

 3)選挙報道を、従来の報道の延長線上ではなく、その量と質を抜本的に拡充すること。
 特に放送メディアでは、政策論議中心の番組を、長時間、数多く放送すること。
NHKでも民放でも、オリンピック放送では日夜膨大な時間量の番組が組まれました。今回の選挙の、国民にとっての重要性はこれとは比較になりません。
社会の公器としての放送には特に、民主主義の発展に資する公正・公平な選挙報道を強く求めます。とりわけ、公共的な放送機関であるNHKに、この努力を期待します。
                                   以上
(賛同団体)
   NHKとメディアを語ろう・福島
   NHKとメディアを考える会(兵庫)
   NHKとメディアを考える東海の会
   NHK・メディアを考える京都の会
   NHK問題大阪連絡会
   NHK問題とメディアを考える茨城の会
   NHK問題を考える岡山の会
   NHK問題を考える会・さいたま
   NHK問題を考える奈良の会
   NHKを考えるふくい市民の会
   言論の自由と知る権利を守る長崎市民の会
   ジャーナリズムを考える市民連絡会とやま
   政府から独立したNHKをめざす広島の会
   時を見つめる会  
   日本ジャーナリスト会議
   日本ジャーナリスト会議東海地区連絡会議
   放送を語る会
   メディアを考える市民の会・ぎふ

2021/10/18
民主主義の危機克服を 7人委がアピール
世界平和アピ-ル7人委員会は、18日の19日の総選挙公示を目に、次のようなアピールを発表した。



「民主主義の危機」を克服するために 2021年10月18日
世界平和アピール七人委員会
大石芳野 小沼通二 池内了 池辺晋一郎 髙村薫 島薗進


 岸田文雄首相は9月29日の自民党総裁選挙で勝利が決まった直後の記者会見において、「今まさにわが国の民主主義そのものが危機にある」と述べた。果たして、この発言は彼の真意からのものであろうか。

 2012年以来の安倍政権、菅政権では、首相が不正に関わっていても疑惑をはらすことができず、公共的な組織に対する不当な抑圧や、公私をわきまえない利益誘導をおこなう暴挙が相次いだ。そして、それらに対する説明は拒否し、批判には応答しないということが繰り返された。何より、国会においてその都度論議すべきであったのに、開催自体を拒否し続けた。このように政治の最高責任者が、意思決定の根拠を説明して国民に理解を求めることを拒否するのは民主主義の基本的条件を否定するものである。「国民の声が政治に届かない」事態が繰り返されたのである。

岸田新首相の10月8日の所信表明演説では、これまでの政権に問われてきた問題・疑惑に一切触れなかった。「丁寧な対話」といいながら、総選挙を前にして、国会においては代表質問だけにとどめ、与野党間の論議を行う姿勢を見せなかった。これでは「民主主義の危機」にまともに向き合っていく意思があるとは思えない。9年間に及んだ安倍政権、菅政権が繰り返し強権を振りかざし、異論を無視してきたことに対する国民の批判に、首相は正面から応えて、名目だけにとどまらない「民主主義の危機」の克服に努めるべきである。

国民の国政参加の重要な機会である総選挙における投票率の低迷とその背後にある無関心は、民主主義の危機をもたらしている重要な要因の一つである。国民一人一人が、現在問われている国政のあり方に思いをいたし、投票を通して積極的に意思表示されることをわたくしたちは願っている。
連絡先:http://worldpeace7.jp
2021/10/01
命と平和を守る憲法に基づく政治への転換を! 法律家6団体がアピール
 改憲問題に取り組んできた、社会文化法律センター、自由法曹団など「改憲問題対策法律家6団体連絡会」は、自民党・総裁選を受けて、9月30日、来るべき総選挙を前に、「自公政権に終止符をうち、命と平和を守る憲法に基づく政治への転換を!立憲野党は共同し、市民連合との合意を踏まえ、政権交代に向けて全力を尽くすことを求める」との共同アピールを発表した。

 自公政権に終止符をうち、命と平和を守る憲法に基づく政治への転換を!
 立憲野党は共同し、市民連合との合意を踏まえ、政権交代に向けて全力を尽くすことを求める法律家団体のアピール
2021年9月30日     
改憲問題対策法律家6団体連絡会           
社会文化法律センター   共同代表理事 宮里 邦雄
自由法曹団            団長 吉田 健一
青年法律家協会弁護士学者合同部会 議長 上野  格
日本国際法律家協会        会長 大熊 政一
日本反核法律家協会        会長 大久保賢一
日本民主法律家協会       理事長 新倉  修

1 国民の強い怒りが菅首相を退陣に追い込んだ

 昨日、自民党の新総裁に岸田文雄・自民党前政調会長が就任したが、これは、本年9月3日、菅義偉首相は次の自民党総裁選に立候補しないと述べて、事実上の首相辞任を発表したことに端を発する。菅首相の辞任発表は、昨年8月の安倍晋三前首相に続く、コロナ禍での「政権投げ出し」である。
 菅首相のもと自公政権は、新型コロナ感染拡大のなかで、安倍政権に引き続き医療体制強化など必要なコロナ対策を怠り続け、遂に中等症患者に対しても必要な入院・治療が施せない事態を現出させた。究極の「自助」である。生活が困窮している人びとへの補償や支援には目を閉ざし、オリンピック・パラリンピックの開催を強行して、コロナ感染拡大のリスクを増大させたのみならず、財政的負担を拡大させて、格差と貧困をますます助長させた。さらに、菅自公政権は、いわゆる「森友」「加計」「桜」などの国政私物化問題の真相解明を求める市民の要求に背を向け、日本学術会議会員の6名の候補者の任命を拒否し法律に基づく行政から大きく逸脱して強権的な体質を露わにした。
 相次ぐ衆議院補欠選挙や横浜市長選挙の連敗を受け、「菅総理総裁では選挙に勝てない」という自公政権内部の声は、市民の怒りの反映である。市民の怒りが、菅首相を退陣に追い込んだといえる。

2 岸田文雄自民党新総裁では、政治は変わらない

 野党は、新型コロナ対策など喫緊の課題に対処するために憲法53条に基づく臨時国会の召集を求め続けてきたが、自民党公明党はこれを頑なに拒み続けた。そして、メディアによる自民党総裁選フィーバーに便乗し、市民の命や生活を軽視して党利党略を優先させてきた。このように、憲法違反・法律違反の政治を繰り返し、政治を私物化し、貧困・格差を増長させ、国民市民には説明をしない非立憲・非民主の9年間の安倍菅政権の政治手法に決別できるかが、今、問われている。
 しかし、自民党新総裁に昨日選出された岸田文雄氏は、政権私物化の極みである「森友」「加計」「桜を見る会」などの疑惑の再調査を否定した。安倍政権の下での集団的自衛権を一部容認する政府解釈の変更の閣議決定とそれに続く安保法制(戦争法)など数々の違憲法制の見直しには踏み込まないことはもとより、第2次安倍政権以来の軍事力増強、日米同盟強化と自衛隊の軍隊化など軍事大国化政策を基本的に継承し、憲法9条などのの明文改憲についても任期中にこれを目指すと公言している。
 国民の声に耳を傾け、コロナ対策も強化するなどと発言しているが、岸田文雄氏は、安倍・菅政権のもとで自民党の大派閥宏池会の会長を務め、また閣僚や政調会長などの党の要職も務めていたことからすれば、安倍・菅政権の中で、こうした政策を実現できなかった責任こそがまず問われるべきであり、その反省と検証なくして、新しい政治への転換など望むべくもない。

3 立憲野党は共通政策のもとでさらに共闘を強化し政権交代を目指せ

 衆議院議員の任期は10月21日に終了する。来る総選挙に向けて、本年9月8日に立憲野党、すなわち立憲民主党、日本共産党、社会民主党、れいわ新選組の4党は、市民連合(安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合)が要請した「共通政策」を受け入れ、共闘を確認した。
 私たち改憲問題対策法律家6団体連絡会は、法律家の立場から、自民党4項目による安倍改憲について強く反対し、立憲主義・平和主義に反する安保法制(戦争法)、特定秘密保護法、共謀罪法の廃止を求めてきた。この合意された「共通政策」は、「コロナ禍に乗じた憲法改悪に反対する」とし、上記3法律も「違憲部分を廃止(する)」など、憲法に基づく政治の回復を目指す方針を示して、私たちの主張と一致している。
 さらに「共通政策」は、「コロナ禍による倒産、失業などの打撃を受けた人や企業を 救うため、万全の財政支援を行う」、「森友・加計学園、桜を見る会疑惑など、安倍、菅 政権の下で起きた権力私物化の疑惑について、真相究明を行う」など、私たち法律家6 団体が求めてきたことと一致する。
 私たち法律家6団体は、立憲野党4党がこの「共通政策」を共有し、衆議院選挙を共同して闘うよう決意したことを大いに歓迎し、ともにたたかう。そして、私たちは、立憲野党が各選挙区において候補者を一本化するなど選挙協力をさらに進め、自公政権の下で破壊された憲法秩序と人権保障を回復する政治を実現する政権交代のために力を尽くすことを強く求める。

4 命と平和を守る憲法に基づく政治への転換を!立憲野党と市民の共同で勝ち取ろう

 来る総選挙では、無為無策で自助を求める自公政権のコロナ対策を、国民市民の生存権を保障し、国に「すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」と生存権保障義務を負わせた憲法25条に基づく政策に改めるのか、安倍・菅政権による政治の私物化と疑惑の隠蔽を許すのか許さないのか、また、憲法の平和主義理念を守るのか否か、9条の明文改憲や実質的な改憲を許すのか、許さないのかが、問われている。
 私たちは、市民連合が提案する「共通政策」に賛同した立憲野党が、来る衆議院選挙において勝利し、命と平和と民主主義を守る憲法に基づく政治への転換を図ることを強く求めるものである。その実現のために法律家も市民とともに奮闘することを宣言する。
以上
2021/09/13
市民と野党が共通政策
 立憲民主党、日本共産党、社会民主党、れいわ新選組各党の代表は、9月8日、国会内で、市民連合が提言した総選挙に向けた共通政策の提言について、実現に全力を尽くすことに合意し、署名しました。
 市民連合の「衆議院総選挙における野党共通政策の提言――命を守るために政治の転換を――」と、4党首が合意した署名は、下記のとおりです。

衆議院総選挙における野党共通政策の提言
          ――命を守るために政治の転換を――

 新型コロナウイルスの感染の急拡大の中で、自公政権の統治能力の喪失は明らかとな
っている。政策の破綻は、安倍、菅政権の9年間で情報を隠蔽(いんぺい)し、理性的
な対話を拒絶してきたことの帰結である。この秋に行われる衆議院総選挙で野党協力を
広げ、自公政権を倒し、新しい政治を実現することは、日本の世の中に道理と正義を回
復するとともに、市民の命を守るために不可欠である。
市民連合は、野党各党に次の諸政策を共有して戦い、下記の政策を実行する政権の実
現をめざすことを求める。

1 憲法に基づく政治の回復
 ・安保法制、特定秘密保護法、共謀罪法などの法律の違憲部分を廃止し、コロナ禍に乗
  じた憲法改悪に反対する。
 ・平和憲法の精神に基づき、総合的な安全保障の手段を追求し、アジアにおける平和の
  創出のためにあらゆる外交努力を行う。
 ・核兵器禁止条約の批准をめざし、まずは締約国会議へのオブザーバー参加に向け努力
  する。
 ・地元合意もなく、環境を破壊する沖縄辺野古での新基地建設を中止する。

2 科学的知見に基づく新型コロナウイルス対策の強化
 ・従来の医療費削減政策を転換し、医療・公衆衛生の整備を迅速に進める。
 ・医療従事者をはじめとするエッセンシャルワーカーの待遇改善を急ぐ。
 ・コロナ禍による倒産、失業などの打撃を受けた人や企業を救うため、万全の財政支援
  を行う。

3 格差と貧困を是正する
 ・最低賃金の引き上げや非正規雇用・フリーランスの処遇改善により、ワーキングプア
  をなくす。
 ・誰もが人間らしい生活を送れるよう、住宅、教育、医療、保育、介護について公的支
  援を拡充し、子育て世代や若者への社会的投資の充実を図る。
 ・所得、法人、資産の税制、および社会保険料負担を見直し、消費税減税を行い、富裕
  層の負担を強化するなど公平な税制を実現し、また低所得層や中間層への再分配を強化
  する。

4 地球環境を守るエネルギー転換と地域分散型経済システムへの移行
 ・再生可能エネルギーの拡充により、石炭火力から脱却し、原発のない脱炭素社会を追
  求する。
 ・エネルギー転換を軸としたイノベーションと地域における新たな産業を育成する。
 ・自然災害から命とくらしを守る政治の実現。
 ・農林水産業への支援を強め、食料安全保障を確保する。

5 ジェンダー視点に基づいた自由で公平な社会の実現
 ・ジェンダー、人種、年齢、障がいなどによる差別を許さないために選択的夫婦別姓制
  度やLGBT平等法などを成立させるとともに、女性に対する性暴力根絶に向けた法整
  備を進める。
 ・ジェンダー平等をめざす視点から家族制度、雇用制度などに関する法律を見直すとと
  もに、保育、教育、介護などの対人サービスへの公的支援を拡充する。
 ・政治をはじめとした意思決定の場における女性の過少代表を解消するため、議員間男
  女同数化(パリテ)を推進する。

6 権力の私物化を許さず、公平で透明な行政を実現する
 ・森友・加計問題、桜を見る会疑惑など、安倍、菅政権の下で起きた権力私物化の疑惑
  について、真相究明を行う。
 ・日本学術会議の会員を同会議の推薦通りに任命する。
 ・内閣人事局のあり方を見直し、公正な公務員人事を確立する。

     2021年9月8日
    安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合


上記政策を共有し、その実現に全力を尽くします。

立憲民主党代表 枝野 幸男
日本共産党委員長 志位 和夫
社会民主党党首 福島みずほ
れいわ新選組代表   山本 太郎
2021/09/07
アメリカの対キューバ経済封鎖解除を求め、キューバの主権を擁護します
 米国のバイデン大統領はアフガニスタンからの撤退で、他国への干渉を焼けるかのような姿勢を見せましたが、一方で「米国の裏庭」といわれる中南米への干渉を強めています。
 「アメリカの対キューバ経済封鎖とキューバの主権を考える有志の会」が「声明」を発表しました。


◎アメリカの対キューバ経済封鎖解除を求め、キューバの主権を擁護します

キューバ社会が1959年の革命勝利後、かつてない危機に直面しています。キューバは、この数年間経済成長が停滞していましたが、トランプ政権は、キューバ経済を疲弊させ、体制変換のために市民を立ち上がらせる目的で、1962年以来続いている経済封鎖の上に、243件の制裁措置を新たに導入しました。この結果、キューバ政府発表では、2019年4月から2020年12月まで、経済封鎖による損害は91億5,700万ドル(月平均4億3,600万ドル、GDPの約5%)に上っています。そのうえ、新型コロナのパンデミックにより、重要な外貨収入源である観光客・観光収入が激減、観光収入は2021年95.5%減少し、外貨収入は昨年24億ドル、前年比14.5%減少しました。本年度も外貨収入は、上半期4億8,000万ドル減収となり、外貨状況は、ひっ迫しています。経済成長は、昨年度マイナス10.8%、今年度上半期マイナス2%を記録しました。輸入は計画を40%下回り、国営商店ではモノ不足が目立っています。また修理部品の不足により、火力発電も停電が頻繁に発生しています。
 
 キューバは、現在、経済発展を図るため、積年の課題である為替レート、通貨統一の問題に取り組んでいますが、副次的にインフレや投機が発生しており、市民の生活にとまどいが生じています。こうした内外の情勢の中で、数年前から取り組まれている経済改革の速度も緩慢にしか進んでいません。その上、デルタ株の浸透により医薬品や隔離施設不足の中で新型コロナ汚染が人口10万人につき70人余のレベルまで急速に拡大し、厳しい行動制限が導入され、市民のストレスは高まっています。これらの不満の高まりから、メキシコ経由のアメリカへの不法移住も最近の9カ月で2万1,000人を超え、1年前と比べ倍増しています。

 こうした困難な国内情勢に乗じて、7月初め、SNSでアメリカに向かってキューバへの人道支援、人道的介入の要請が流されはじめ、7月11日、数十の都市で、数百名が参加する異例の反政府デモが同時多発的に発生しました。報道されている映像によると、デモの中枢部にいた数十人は「独裁政府」反対などの過激な政治スローガンを叫んでいましたが、ほとんどの参加者は、現状の生活の不満を訴えていました。このデモの動員は、アメリカ政府のアメリカ国際開発庁(USAID)などの資金援助を受けたアメリカ在住者のサイバーアカウントから発信されたものでした。デモは11日、12日と継続しましたが、政府当局や政府支持派の人々が医療、教育、文化、スポーツにおける革命の成果を守ろうとメディアや街頭で訴えたこともあって、沈静化しました。15日アメリカのバイデン大統領は、演説で世界を民主主義国家と専制主義国家に二分する独自の価値観外交に基づき、キューバは「失敗国家であり、自国民を抑圧している」と非難しました。さらに、アメリカ政府は、22日には、11日、12日のデモ参加者を不当に拘束するなどの人権侵害があったとして、キューバ政府幹部や治安組織を繰り返し制裁対象に指定しました。さらに8月11日にはアメリカ政府は、SNSによるキューバ国内の反政府活動を支援するため、アメリカの企業・個人がキューバ国民にインターネットサービスを提供することを許可しました。

キューバ政府への抗議行動は、日本にも及び7月16日在日キューバ人十数名が東京のキューバ大使館前で無許可の抗議活動を行い、25日には渋谷のハチ公前広場でキューバ人以外の外国人も交えた同グループ十数名が抗議活動を行いました。デモ首謀者のSNSから、これらの行動もアメリカから支援を受けたグループが行ったものであることは明白でした。

1962年から58年間継続されているアメリカの対キューバ経済・通商・金融封鎖、それに加えた最近の制裁は、国連の安保理事会の決議もない、国連憲章にも国際法にも違反するアメリカの一方的な干渉政策です。本年6月の第75回国連総会は、加盟国193カ国のうち、184カ国が賛成、2カ国(米国、イスラエル)が反対、3カ国(コロンビア、ウクライナ、ブラジル)が棄権、4カ国(中央アフリカ、ミャンマー、ソマリア、モルドバ)が欠席という圧倒的多数で、解除決議を採択しました。解除決議は、1992年から28年間連続して採択されています。アメリカ政府は、経済封鎖・制裁を国際法と世界の世論に従い即刻廃棄しなければなりません。

 バイデン政権は、トランプ政権の経済制裁政策を緩和するどころか、継続し、強化しています。同政権は、キューバには普遍的な人権が欠けていると決めつけ、未曽有の経済困難にあえぐキューバ経済を窒息させ、キューバ国民が社会主義をめざす政権を倒壊させるために蜂起する絶好の機会とみて外部からの干渉を強めています。7月11日の事件は、キューバ国民の間に、また一部の文化人、知識人の間に事件の原因と性格をめぐって、深刻な意見の対立をもたらしていますが、それは、キューバ人同士が話し合いで民主的に解決する問題です。キューバが、どのような問題を抱えていても、それは基本的にキューバの内政問題であり、それを国際的審判官のように人権問題が欠けていると断罪し、制裁を追加し、主権を侵害して内政干渉を正当化することは許されないと私たちは考えます。

 私たちは、ここに、改めて、アメリカの対キューバ経済封鎖・制裁の即時の解除を求め、アメリカのキューバ干渉政策に反対し、キューバの主権と自決権を擁護する決意を表明するものです。

管理  

- Topics Board -