2021/03/28
聖火ランナー スタートしたが・・・
 東京五輪の聖火ランナーが3月25日、福島県の「Jヴィレッジ」からスタートした。7月23日の開会式までの121日間をかけ、1万人のランナーで47の都道府県を回る。この稿が目に触れる頃、ランナーは走り続けているだろうか。
 2番目の栃木県や3番目の群馬県など、この先1ヶ月間に聖火リレーが行われる15府県のうち、実に8割で新型コロナ感染者が増えている。4月21日~22日に実施予定の愛媛県は3月25日、1日あたりの感染者が過去最多(59人)を更新している。リバウンド必至の中でのスタートだったといっていい。
 肝心かなめの選手のみなさんはどうなのだろうか。スポーツジャーナリストの谷口源太郎さんは「世界の感染者と死者数を見れば、安全・安心な大会を開催するのは100%無理です。変異株もありコロナ禍の深刻さはこれからまだ増す。世界中でいまだ3割の予選が実施されないでいます。予選のないまま、選手を派遣できなくなる国・地域も出てくるでしょう。そうなると五輪の意義が根本から問われることになります」(日刊ゲンダイ)という。菅総理、それでも五輪強行ですか!
 ぼくの住む大船は松竹撮影所のあったところ。松竹といえば『男はつらいよ』。寅さんがいたらどんな啖呵売(たんかばい)になるだろう。きっと叫ぶだろう「けっこう毛だらけ猫灰だらけ。スガの周りはウソだらけ」。
管理  
- Topics Board -