点描
2024/07/01
都民本位の都政を!と宣伝
116-s-1.jpg
 7日の東京都知事選までもうわずか。東京革新懇は全国革新懇と共同、29日、30日の両日、有楽町と上野で、「自民党・大企業本位、開発優先の都政から、生活や健康を守る都民本位の都政を作ろう」と、宣伝行動を行った。
 神奈川、埼玉、千葉など近県のほか、神戸、名古屋、新潟などからも駆けつけ、参加者は40人超。候補者の名前を出さない「政治宣伝」だったが、30日の上野では、「神宮の緑を守ろう」とシール投票も。2時間で「反対」のシールが、100を超えて集まった。
2024/06/30
明治神宮外苑再開発計画
樹木伐採に反対する市民らが集会
115-s-1.jpg
 東京の明治神宮外苑の再開発に伴う樹木の伐採問題で、計画に異議を唱える市民らが29日、計画エリアにある絵画館前広場で集会を開き、約300人が参加した。
 タイトルは「SAVE神宮外苑ミーティング」。初めに呼びかけ人らによるリレースピーチがあり、俳優、タレントのラサール石井さんは、「空や緑は私たちの財産。植物にとって根は大事で、地面の下も大切」と発言した。アーティストのサエキけんぞうさんは「(計画の)回路を推し進めているのは少数の人間の利益。このことを(音楽家の)坂本龍一さんは命を削って切り分けた」。周辺住民からは「明治神宮外苑を子どもたちの未来につなぐ有志の会」の加藤なぎささんが、「子どもたちの未来を考えるにあたり、私たちはいま声を上げなければいけない責任世代」と呼びかけた。
 集会には杉並区の岸本聡子区長=写真=も加わり、「民主主義のありかたの根源を問うのがこの神宮外苑の再開発」と強調。また、参加者同士のグループディスカッションが行われた。
 再開発事業は、神宮球場と秩父宮ラグビー場の移転・建て替え、高層ビルの建設などが主な柱で、事業者側が昨年1月、都に環境影響評価(環境アセスメント)を提出し、翌2月に都が事業を認可した。これに対して、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関の国内組織「日本イコモス国内委員会」や市民らから批判の声が上がった。さらにパリに本部を置く「イコモス」が昨秋、「市民によってつくられた神宮外苑は世界の都市公園の歴史において、類を見ない卓越した文化遺産だ」とその価値を評価したうえで、遺産危機警告(ヘリテージアラート)を出した。とりあえず都は、高さ3メートル以上の中高木の伐採開始前に、樹木保全の具体案の報告を事業者側に要請したが、保全案の提出が遅れ、都の環境影響評価審議会の審議は進んでいない。
 神宮外苑の問題は、都知事選(7月7日投開票)の争点の一つ。候補者では蓮舫氏が「一度立ち止まるべきだ」と計画再考の考えを示している。
(M・M)
管理  
- Topics Board -