点描
2024/06/17
辛淑玉さん講演
権力の暴走を抑えるために闘う
113-s-1.jpg
 人材コンサルタントの辛淑玉(シン・スゴ)さんによる「『下心のレイシズム』に抗う」と題した講演が今月、東京都新宿区の高麗博物館で行われた=写真。辛さんは、東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)の番組での発言をめぐり、制作会社の旧DHCテレビジョン(現虎ノ門テレビ)などを相手取り提訴した「ニュース女子」訴訟で昨春、勝訴が確定した。「黙っていたら人種差別的な番組を認めることになる。この社会で声を上げるには闘うしかなかった」と5年余に及ぶ裁判闘争を振り返った。
 問題の番組は2017年1月2日に放送された。沖縄県の米軍ヘリパッド建設反対運動の現地リポートを放映した後、司会者は、辛さんが共同代表を務める「のりこえねっと」(正式名称は「ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク」)が「参加者に日当を払っている」などと根拠のない発言をした。
 「私がランドマークになったのは(デマの内容が)地上波で放送されたから」と辛さんは分析する。地上波に乗ると「テレビがお墨付きを与えた」となり、それを正しいと思い込む人が出てくるためだ。また、反戦の声を最も上げる「沖縄たたき」をするために「私がターゲットになった」とも。放送倫理・番組向上機構(BPO)放送人権委員会が人権侵害を認定(18年3月)し、MXは謝罪(同7月)したが、制作会社や番組の司会者は認めようとせず、やむなく提訴に踏み切ったという。ネット上の「暴力」をはじめ深刻なハラスメントに遭い、一時期、ドイツに滞在するなど辛さんは苦しい日々を過ごした。
 「記録に残すために裁判を闘った。これからは人々の記憶に残していくために、権力の暴走を抑えるために闘っていきたい」と辛さんは言い、「理解し合える人たちとつながり、その輪を広げていくことでしか社会は変わらない」と語った。
(M・M)
2024/05/12
こまばアゴラ劇場5月末閉館 40年の歴史に幕
112-s-1.jpg
 劇作家、演出家の平田オリザさん(61)が芸術総監督を務める東京都目黒区の「こまばアゴラ劇場」が5月末に閉館し、40年の歴史の幕を閉じる。現在、サヨナラ公演として「阿房列車」=写真=と「思い出せない夢のいくつか」の二作品を15日まで上演している。
 「いつかはこのときが来ると覚悟していた」と平田さん。新型コロナウイルス禍の影響や昨今の物価高で、「早い決断を迫られた」という。
 こまばアゴラ劇場は、シナリオライターだった父穂生(さきお)さんが1984年、商店街の一角にあった自宅を改装して開業した。その2年後、大学卒業を機に平田さんが支配人に就任し、以来、運営を担ってきた。
 劇場は平田さんが学生時代に旗揚げした「青年団」の本拠地で、若手劇団の発表の場でもあった。青年団の代表作の一つ、「ソウル市民」や岸田国士戯曲賞を受賞した「東京ノート」もこの劇場で初演された。また、首都圏以外の団体と提携プログラムを組むなどして演劇の裾野を広げてきた。
 平田さんは、兵庫県豊岡市に2021年に開学した芸術文化観光専門職大学の初代学長に就任し、青年団の拠点も同市に移った。「アゴラ劇場を応援してくださった方々に感謝したい。今後も若い演劇人のサポートは続けていく」と平田さんは話していた。
 詳細は青年団のホームページ
(M・M)

管理  
- Topics Board -