点描
2024/03/02
原作者、火野葦平さん 父と母の物語
劇団文化座「花と龍」
東京・六本木の俳優座劇場で3月3日まで
108-s-1.jpg
「花と龍」の1場面=劇団文化座提供
 作家、火野葦平さん(1907~60年)の小説で自身の両親をモデルにした「花と龍(りゅう)」が劇団文化座の新作として舞台化され、東京・六本木の俳優座劇場で上演されている。火野さんの父は、北九州市の若松地区で港湾労働者の待遇改善のために立ち上がった人物で、その孫、すなわち火野さんの妹の息子が、アフガニスタンで医療活動や用水路工事に身を投じた故中村哲さんだ。
 明治後期から日中戦争までの若松港。海を眺めながら「いつか大陸で一旗揚げる」と誓った主人公の玉井金五郎が、港湾で石炭荷役の仕事を始めるところから物語が展開する。過酷な労働の場で、持ち前の才気と正義感を発揮する金五郎は、「けんかはやめろ」と説き、暴力とも闘う。やがて親方となって労働組合を組織し、港湾労働者の生活向上のために尽力する。その活動を支え続けたのが妻のマンだ。舞台では金五郎の半生が描かれる。
 演劇好きの火野さんは、文化座のために二つの戯曲(「陽気な地獄」「ちぎられた縄」)を書き下ろし、文化座の創設者、佐佐木隆さんと交流を重ねた。佐佐木さんの娘で現在、劇団の代表を務める佐々木愛さん(80)は、「(火野さんのおいである)中村哲さんの生き方と、私たちの気持ちをつなげたいと思い、『花と龍』の上演を企画した」といい、自身も出演する。脚本を担当した劇作家、演出家の東憲司さんは「(この戯曲の)主人公とその妻の精神が、中村哲さんに受け継がれていると感じながら執筆した」という。
 3月3日まで。問い合わせは劇団文化座(03-3828-2216)。
(M・M)
2024/02/13
芸能界の性加害やハラスメントをなくそう
たかまつななさんらが会見
107-s-1.jpg
 故ジャニー喜多川氏の性暴力など、芸能人への人権侵害が相次いで発覚するなか、タレントで、主権者教育などに取り組む「笑下村塾(しょうかそんじゅく)」代表のたかまつななさんらが、芸能人を守るための法整備を国に求める署名活動をオンラインで進めている。2月9日には、東京の厚生労働省で記者会見した=写真。
 会見でたかまつさんは、旧ジャニーズ事務所のほか、宝塚歌劇団の過重労働の問題などに触れ、「現行制度では被害者を守ることはできない。再発防止のためにも新法が必要だ」と訴えた。たかまつさんは、大学時代に芸能活動を始め、「女性の先輩タレントがハラスメントを受ける姿を多く目撃した」と証言。芸能界では性加害、ハラスメントが「当然のように行われていた」と言い、「拒めば仕事を失うかもしれない」と恐れて被害の声を上げられないなど、構造的な問題があると指摘した。
 会見には元ジャニーズJr.の二本木顕理(あきまさ)さんや弁護士の佐藤大和さんらも出席した。「芸能従事者の活動環境や取引関係の整備などを骨子とした法律の制定を目指す」(佐藤弁護士)という。署名は昨年11月から開始。国や政党に提出する予定だ。
(M・M)
管理  
- Topics Board -