点描
2024/03/31
「シングルファザーになりまして。」
東京・高円寺で3月31日まで
110-s-1.jpg
「シングルファザーになりまして。」の1場面=石崎五義雄さん撮影
 劇作家、山谷典子さん(47)の新作「シングルファザーになりまして。」が東京都杉並区高円寺北2の「座・高円寺」で3月31日まで上演中だ。
 主人公は、32歳の年の差がある女性と再婚した中華料理店の経営者。還暦を迎えて娘が生まれたものの、妻が生後3カ月の娘を置いて出ていってしまった。途方に暮れる「60歳のパパ」に、夜間保育園の園長や保育士、同じ園に預けるシングルマザーら保護者たちが手を差し伸べた――。
 自身も6歳の長男を育てる山谷さん。米国から始まった「#MeToo」運動を受け、女性が声を上げることが批判されない世の中になってきたが、「依然として『母親はこうあるべきだ』という重圧は続いている」。同時に「子どもを産まない」と決めた女性に対しても冷たい視線が向けられることがあり、「評価をし合う人間関係や社会が、私たちを生きづらくさせている」。舞台では、家を出た妻が、夫と「対話」がなかったことを訴える場面があり、育児に奮闘する男性の姿を通して、女性たちが直面する問題を浮き彫りにしている。
 29日の公演のアフタートークに登場した劇作家の永井愛さんは、「山谷さんの実体験が盛り込まれていたと思う」と述べ、「シングルファザーになったからといってすぐさま女性たちが置かれた状況を理解し、人権を尊重するわけではない。どうすればそれぞれが自分らしく生きられる社会を築いていけるかが問われている」と語った。
 詳細は「演劇ユニットRing-Bong(リンボン)」のホームページ。
(M・M)
2024/03/16
「筒井康隆笑劇場」 東京で上演
高平哲郎さんが企画、演出
109-s-1.jpg
 不条理やブラック・ユーモアなど、作家の筒井康隆さん(89)が描く世界観を舞台化した「筒井康隆笑劇場」が3月8~14日、東京都渋谷区のシアター・アルファ東京で上演された。
 筒井さんと親交を重ねる劇作家、演出家の高平哲郎さん(77)が「笑いの実践集団」の第一弾として企画した。筒井さんの著書を長く愛読してきた高平さん。筒井さんが「ことば狩り」などに抗議して“断筆宣言”をした翌1994年、東京で「筒井康隆断筆祭」が開かれたときは、高平さんが演出を手がけ、ジャズピアニストの山下洋輔さんらが出演した。
 「自分たちと異なるものは排除するという風潮は、昭和の時代からまったく変わっていない」(高平さん)といい、筒井さんが皮肉や笑いをまぶして社会に突きつけたものを表現したのが今回の「笑劇場」と言える。第一弾では「一について」「乗越駅の刑罰」「ヒノマル酒場」=写真、伊藤格さん撮影=など、筒井さんの短編からナンセンスやパロディーなどの要素が強い6作品を選び、寸劇や朗読などで紡いだ。俳優の小堺一機さん、竹下景子さん、松田洋治さんらが出演し、「大人のエンターテインメント」を披露した。今後も「筒井ワールド」を題材に「笑いの実践集団」の活動を続ける予定だ。
(M・M)
管理  
- Topics Board -